昭和55年の大雪

災害年月日
1980年12月30日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
雪害  
概要
昭和55年(1980)12月30日、大雪。八幡浜観測所の最深積雪28cm、農作物(果樹の樹体)に被害。30日に雪害対策本部を設置、被害総額700万円。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛5544

よく似た災害

平成2年の干ばつ

平成2年(1990)夏、高温と連続干天日が続き、愛媛県内の7月の降雨量は東予地方を中心に100ミリ以下の干ばつとなった。菊間町の農作物への被害は、野菜... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月18日~8月27日、無降雨状態が続き、8月23日に伊方町は干害対策本部を設置。伊方町の被害は、樹体被害面積798ha(栽培面... 続きを読む

昭和41年の干ばつ

昭和41年(1966)8月13日、干ばつのため県干害対策本部を設置。 続きを読む

昭和54年の地すべり

昭和54年(1979)4月9日、大川持第3組で地すべり。9日午後6時30分、役場に災害対策本部を設置した。 続きを読む

昭和56年の渇水

昭和56年(1981)9月、渇水のため渇水対策本部を設置。池田水利組合の大池から分水を受けた。渇水対策本部を開催したのは、翌57年5月であった。 続きを読む