大正6年の大雨

災害年月日
1917年02月04日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)2月4日、大雨により、県下の電灯・電話線の切断不通箇所30箇所に及ぶ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 電灯・電話線の切断
NO.
愛媛5569

よく似た災害

大正6年2月の大雨

大正6年(1917)2月4日、大雨。明治40年(1907)2月11日以来の大雨で、県下に電灯・電話線の切断不通箇所30箇所に及ぶ。(「愛媛県史」による... 続きを読む

大正6年2月の大雪

大正6年(1917)2月3日20時50分より降雪が始まり、4日は明治40年2月11日以来の大雪となった。電灯線、電話線に着雪し、電話線の不通箇所30カ... 続きを読む

大正6年の大雪

大正6年(1917)2月4日、明治以来の大雪となり、積雪量28cmに及び、電線切断等の被害が出た。 続きを読む

昭和34年8月の大雨

昭和34年(1959)8月11日~12日、低気圧が土佐沖を東進し、中村付近で大雨となった。被害は負傷者1人、田冠水350人、堤防1箇所、道路浸水1箇所... 続きを読む

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む