大正12年の豪雨

災害年月日
1923年07月11日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月11日、豪雨により、河川の流出、堤防の決壊多し。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 堤防決壊
NO.
愛媛5571

よく似た災害

大正12年7月の豪雨

大正12年(1923)7月11日、豪雨により、雨量200ミリを記録。河川の流出、堤防の決壊多し。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、大洪水により、河川の流出、堤防の決壊多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

大正10年7月の台風

大正10年(1921)7月13日、台風により、雨量100ミリを記録。河川の氾濫、家屋の倒壊多し。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)4月25日、豪雨により、宮川内谷川堤防決壊。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による... 続きを読む