昭和16年の台風

災害年月日
1941年10月01日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)10月1日、台風により、特に東予及び南予地方で被害が多く、道路54箇所、死傷者12人、行方不明71人、家屋全壊218戸に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛5577

よく似た災害

昭和16年10月の台風

昭和16年(1941)10月1日、台風により、風速25.1m/秒、雨量193ミリを記録。特に東予及び南予地方で被害多し。被害は道路54箇所、死傷者12... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風により、吉野川氾濫。県下の被害は死者2人、行方不明3人、家屋全壊16戸、半壊29戸に及んだ。(「徳島県災異誌」、... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風は枕崎に上陸し、米子に抜けた。県下の被害は死者11人、行方不明6人、家屋全半壊2,291戸に及んだ。 続きを読む

昭和25年の台風17号

昭和25年(1950)8月13日、台風17号が足摺岬を経て土佐沖の島付近を通過した折、豊後水道に出漁していた漁船が被害を受けた。被害は死者1人、負傷者... 続きを読む

昭和39年6月25日の大雨

昭和39年(1964)6月25日~26日、梅雨前線が活発になり大雨となって、幡多地方で河川が増水した。被害は江川崎で行方不明者1人、家屋半壊1戸、田冠... 続きを読む