昭和29年の洞爺丸台風

災害年月日
1954年09月26日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、強風と高潮による被害が重なり、近来稀にみる大災害となった。青函連絡船・洞爺丸が沈没した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洞爺丸台風 強風 高潮
NO.
愛媛5585

よく似た災害

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号が来襲した。俗に洞爺丸台風といい、青函連絡船が沈没した。県では災害のひどかった38町村に対して災害救助法を... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月25日~26日の台風15号は、鹿児島県大隅半島に上陸し、宮崎・愛媛県を通過し、日本海に出た。この台風により、青函連絡船・洞爺... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風は時速100kmという猛スピードで北日本一帯を通過した。青函連絡船の洞爺丸が転覆し、死者1,139人を出し... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、徳島県下での被害は冠水田834ha、冠水畑992ha、山崩れ22箇所、被害額10億円... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号が三豊平野を襲い、辻・一ノ谷・本山の3小学校の講堂を倒すなど大災害を引き起こした。県は4市38町に災害救助... 続きを読む