昭和30年の台風

災害年月日
1955年10月04日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和30年(1955)10月4日、台風により、半島部、宇和海嶼部が激浪のため相当の被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5586

よく似た災害

昭和29年の台風13号

昭和29年(1954)9月7日、台風13号が襲来し、夜半に強風のため相当の被害があった。 続きを読む

昭和29年の台風13号

昭和29年(1954)9月7日、台風13号が襲来し、夜半に強風のため相当の被害があった。(「町見村日誌」による) 続きを読む

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月4日、台風23号により、風速24.4m/秒、雨量106ミリを記録。半島部、宇和海島嶼部では激浪のため、相当の被害があった。... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風は風雨が強く、相当の被害があった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、那賀郡各地に相当の被害があった。 続きを読む