明治6年の台風

災害年月日
1873年06月30日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)6月30日より7月7日まで暴風雨、諸川氾濫、被害多し。(「愛媛県史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、146頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5684

よく似た災害

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで、暴風雨により、諸川が氾濫し、被害多し。 続きを読む

明治6年の干ばつ・台風

明治6年(1873)正月以来、大いに干ばつ。7月、暴風雨、諸川氾濫被害多し。(「新居郡誌」による)/初夏より秋に入るまで大いに旱し、挿苗不能、野村組雨... 続きを読む

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで、暴風雨により諸川が氾濫し被害多し。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治6年6月~7月の台風

明治6年(1873)6月下旬から7月上旬にかけて、東予に暴風雨が来襲した。「新居郡誌」には「6月30日より7月7日まで暴風雨、諸川氾濫被害夥し」と記さ... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月25日より8月4日まで41日間雨量なし、農作物の被害多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む