大正元年の台風

災害年月日
1912年09月21日
市町村
愛媛県東予地域
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日~22日、台風により風雨強く、特に東予地区で大災害を受けた。(「愛媛県史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、150頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5759

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風は高知附近に上陸し、神戸、若狭湾を経て日本海に出た。愛媛県では風雨ともに強く、東予では降水量が平地で350ミリ、... 続きを読む

大正3年8月の台風

大正3年(1914)8月25日、台風により、東予地区で被害多し。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を通ったので、大災害を受けた。西宇和で死者1人、家屋の全壊2戸、半壊29戸、床下浸水242戸。(「愛媛県... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日から24日にかけて台風の中心が東讃を通ったため、造田地区では家屋の全壊5戸、半壊1戸、田の浸水17haの被害を受けた。 続きを読む

明治35年9月の台風

明治35年(1902)9月8日、台風により、風速21.4m/秒、雨量100ミリを記録。東予地区で特に被害多し。(「愛媛県史」による) 続きを読む