昭和15年7月の豪雨

災害年月日
1940年07月07日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
昭和15年(1940)7月7日、豪雨により、東予方面の被害大。県下の被害は水稲251町歩。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、153頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
愛媛5819

よく似た災害

昭和8年4月の豪雨

昭和8年(1933)4月25日、豪雨、特に伊予郡で甚だし。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和15年5月の霜害

昭和15年(1940)5月6日、霜害。宇和町で氷点下3.5度、被害1,367町歩。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和31年6月の豪雨

昭和31年(1956)6月30日、豪雨により、南郡地区に被害続出。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和13年7月31日の豪雨

昭和13年(1938)7月31日、豪雨により、死傷者22人、家屋の倒壊77戸、流失・埋没20戸、床上浸水3,304戸、田浸水1,076町歩。(「愛媛県... 続きを読む

昭和2年8月の豪雨

昭和2年(1927)8月26日、県下各地で雷雨性の豪雨あり、諸川氾濫。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む