元禄15年の台風

災害年月日
1702年08月20日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)7月27日~28日、暴風雨により、田畑破損3,831町、損毛21,727石、家屋倒壊1,584軒、死者20人、死馬牛8頭、その他樹木の挫折するもの算なし。(「記抜」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、266頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 記抜
NO.
愛媛5900

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、大暴風雨により、人家の倒壊多く、中でも吹名では40戸のうち13戸が倒壊した。樹木の挫折、根倒れは無数で、中津の上野神... 続きを読む

元禄9年の台風

元禄9年(1696)、大暴風。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月15日、枕崎台風により、家屋の全半壊、船舶・宅地の流失、稲作・その他農作物・樹木の折倒、道路の破損など被害は大きかった。(「... 続きを読む

元禄7年の大火

元禄7年(1694)、別子銅山で大火、死者多数。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日19時過ぎ、台風16号(枕崎台風)が来襲し、18日には家屋の全壊・半壊、船舶・宅地の流失、稲作・その他農作物・樹木の折... 続きを読む