寛政13年の風雨

災害年月日
1801年09月26日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
風水害  
概要
寛政13年(1801)8月19日、大風雨により、損毛20,759石。(「記抜」による)吉田領の損毛4,502石余。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、272頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 記抜
NO.
愛媛5934

よく似た災害

寛政3年の風雨

寛政3年(1791)5月18日、大風雨により、損毛38,353石、溺死2人。(「記抜」による)吉田領の損毛6,118石余。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

享和3年の風雨

享和3年(1803)5月、大風雨により、損毛17,143石。(「記抜」による)吉田領の損毛12,120石余。 続きを読む

寛政11年の干ばつ・風雨

寛政11年(1799)夏、大に旱す。8月大風雨。損毛52,214石。(「記抜」による)吉田領の損毛18,722石。 続きを読む

文化6年の風雨

文化6年(1809)夏、大風雨により、損毛23,000石。(「宇和島藩」による)吉田領の損毛5,317石余。 続きを読む

享和2年の洪水

享和2年(1802)8月6日、洪水により、損毛34,588石。吉田領の損毛4,558石余。 続きを読む