宝永元年の大火

災害年月日
1704年02月14日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
火災  
概要
宝永元年(1704)正月10日夜、魚棚一丁目より出火し、裏町一丁目の一部を除いて町屋のほとんどを焼土と化した。藩は宗純の意により、横堀橋詰で町方全部に朝夕粥を施したほか、米372俵や応急資材として大量の木材、竹などを下付した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、278-279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火
NO.
愛媛6030

よく似た災害

安永7年の大火

安永7年(1778)3月22日午後4時、魚棚一丁目から出火し、一丁目のほとんどを焼失した。 続きを読む

安永6年の大火

安永6年(1777)12月15日午後5時、魚棚一丁目東側の家から出火し、本町一丁目、裏町一・二丁目を残して6ヶ丁を焼失した。藩は町奉行に命じて米130... 続きを読む

寛政3年の火災

寛政3年(1791)10月昼、本町一丁目より出火し、本町一丁目で23軒、裏町一丁目で40軒、裏町二丁目で22軒を焼失し、その他大工町の屋敷を全焼した。... 続きを読む

寛文7年の大火

寛文7年(1667)2月3日午後3時、出火し、町方九ヶ丁ほとんど焼失、裏町一丁目のうちわずかに残すのみという大火となった。藩は御救米を与えて救済した。... 続きを読む

明治42年の火災

明治42年(1909)11月30日、新市町下一丁目より出火し、西風により南新町4丁目まで焼け、144軒が焼失した。(「高知市史」による) 続きを読む