嘉永3年の洪水

災害年月日
1850年08月00日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永3年(1850)、長雨で立間川が氾濫し、御弓ノ丁御旗組の堤防が決壊し、御弓ノ丁では家屋の流失、溺死者を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、280頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 立間川 堤防決壊 御弓ノ丁 死者
NO.
愛媛6036

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風による豪雨は、歌仙村では山岳崩壊や菊間川の決壊などにより、川上で田畑の流失30町余、家屋の流失2戸、橋梁全て流... 続きを読む

明治19年9月18日の台風

明治19年(1886)9月18日、暴風雨に見舞われ、神田・波田・八反地の3村では9月22日に立岩川の高土手堤防約1,300mが決壊し、溺死者9人、家屋... 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)8月6日、寅の水。天明以降最大の洪水と言われ、那賀川右岸の平野では、上大野から富岡東部に至る各所で、堤防決壊、家屋流失などの大被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む