大正11年の大火

災害年月日
1922年05月23日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
火災  
概要
大正11年(1922)5月23日午後0時15分、汽車の煤煙によって宮野下から出火し、またたく間に四辺に拡がり、午後1時40分に鎮火するまで裏通りの民家を焼失させた。この時には三間村、成妙村、二名村の全消防組、好藤、旭、泉からも駆けつけ、この地方では最初であった宇和島市藤江、高光村のガソリンポンプも出動、消火に当たった。近年稀な大火であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三間町誌編集委員会編「三間町誌」(三間町、1964年)、9頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 汽車の煤煙 宮野下
NO.
愛媛6056

よく似た災害

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月、日向灘地震により、この地方では震度4の強い地震に襲われた。小さい崖崩れがあった程度で、津波もなく、この地方では格別の被害は... 続きを読む

大正15年8月2日の雷雨

大正15年(1926)8月2日18時20分頃から、香川県の北部海岸地方で強雷、降雹があった。また、仲多度郡内では落雷が数箇所あった。(気象庁「気象要覧... 続きを読む

大正2年12月の雷雨

大正2年(1913)12月7日14時頃、松山、新居浜、多度津、岡山、神戸等で強烈な雷雨があり、各地で降雹があった。また、多度津地方では落雷もあった。(... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月の南海地震は、この地方では珍しく激しい地震であった。 続きを読む

大正14年の大火

大正14年(1925)4月1日、星ヶ城付近より出火、山林60haを焼失。近来稀な大火であった。 続きを読む