天保7年の長雨

災害年月日
1836年00月00日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
天保7年(1836)、雨天が続き、被害。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛6134

よく似た災害

天保7年の長雨

天保7年(1836)4月~8月、小豆島で雨天が続き、稲作被害。 続きを読む

天保2年の多雨

天保2年(1831)、雨天が続き寒冷、米不作。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日~7月1日、雨天が続き被害。 続きを読む

天保7年5月~8月の長雨・低温

天保7年(1836)5月、長雨が続いた。梅雨期には雨が少なかったが、6月の土用入り頃から雨天と冷夏が続いた(大洲領)。夏以来、天候不順、多雨により大凶... 続きを読む

天保10年の長雨

天保10年(1839)3月15日、毎日雨天続き。(「兵助日記」による) 続きを読む