弘化3年の暴風

災害年月日
1846年08月30日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日、大暴風害があり、延川の福成寺の山門が大破、近永村では家屋が10余軒転倒し、田や山林に多大の損害を与えたと記録されている。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、42-43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 福成寺 近永村
NO.
愛媛6136

よく似た災害

昭和6年の降雹

昭和6年(1931)5月28日、中予、北温地方では直径17ミリ前後のひょうが降り、農作物に多大の損害を受けた。 続きを読む

昭和35年の大火

昭和35年(1960)3月20日、滑川字郷で大火災が起こった。突風により8戸の家屋が全焼し、老母1人、家畜数頭が犠牲となった。その火は山林に燃え移り、... 続きを読む

明治44年8月の暴風雨

明治44年(1911)8月15日、暴風雨が南宇和郡全体を襲い、前年に架け替えたばかりの観栄橋が流され、作物に多大な被害をもたらした。 続きを読む

弘化4年の暴風

弘化4年(1847)、大暴風により家屋倒壊。(「田野村誌」等による) 続きを読む

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日朝から暴風が起こり、終日吹き荒れた。このため、村内の家屋は大半が倒れ、特に下川口浦ではほとんど全部倒壊した。古老によると、... 続きを読む