昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日~18日、枕崎台風により、多くの屋根瓦が吹き飛ばされ、壁土が落ちた。広見川、三間川は氾濫し、田畑に多くの被害が出た。広見川流域では鉄筋コンクリートの上川大橋の東半分が破壊され、上流から延川、広見、小倉、岩谷、與野々の大橋は残った。また、三間川では近永、出目、新田の大橋が残り、そのほかの橋はほとんどが流された。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、42-43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 広見川 三間川 上川大橋
NO.
愛媛6158

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日から18日の枕崎台風による暴風雨は、三間地方に未曾有の災害を残した。濁流は三間橋を越える大洪水となり、3人の犠牲者が出... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、物部川下の橋(現物部川大橋)が流出したという。(「高知工事事務所40年史」等による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風16号(枕崎台風)により、物部川下の橋(現物部川大橋)が流出したという。(「高知工事事務所40年史」、「水害統計... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風により、鹿野川大橋に野村町から木橋が流れ着き、逆流する水で付近一帯は湖水となり、鹿野川の町筋は軒下まで浸水し... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、台風が来襲して、橋、田畑の流失、道路の決壊など多くの被害が出た。 続きを読む