昭和10年の中藤川の大火

災害年月日
1935年03月14日
市町村
愛媛県鬼北町(日吉村)
災害種類
火災  
概要
昭和10年(1935)3月14日午後1時30分、父野川地区中藤川の山林から出火し、北西の強風にあおられ、20分間に21戸の草葺の住家と17戸の非住家を全焼させた。さらに火勢は猛威を極め、付近一帯の山林を焼き尽くし、高知県境にまで延焼して、1,000町歩の山林を焼失した。村内外の消防団員、近隣十数ヶ町村から駆けつけた約2,000人の消火活動で、翌15日午後4時30分に鎮火した。被害総額は85,000円と県に報告されている。
Googleマップ
参考文献
日吉村誌編集委員会編「日吉村誌」(日吉村誌編集委員会、1968年)、9-10頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 中藤川
NO.
愛媛6183

よく似た災害

昭和10年の中藤川の大火

昭和10年(1935)3月14日午後1時30分、父野川地区中藤川の山林から出火し、北西の強風にあおられ、20分間に21戸の草葺の住家と17戸の非住家を... 続きを読む

昭和10年の山火事

昭和10年(1935)3月15日午後7時頃、下灘村大字串字ヌタノモトの山林より出火した。郡内及び喜多郡からも消防団員が出動したが、強風のため付近の山林... 続きを読む

昭和3年の阿川の大火

昭和3年(1928)2月23日午前9時頃、地ノ平の通称大原の山林と本名の山林の2箇所の炭焼場から出火し、強風にあおられて火は一つになり、東南に燃え広が... 続きを読む

昭和9年の大火

昭和9年(1934)8月28日午後1時、町の中心商店街から出火し、真夏の渇水期で水の便も悪く、大火となった。近隣町村の消防団の応援を求め、午後10時に... 続きを読む

昭和61年の山火事

昭和61年(1986)8月20日午後4時25分、観音寺粟井町奥谷の通称ジャレノ谷付近の山林から出火し、山本町河内の山林延焼した。町消防団、地元住民、豊... 続きを読む