昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県松野町
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日~18日に襲来した枕崎台風により、河川は氾濫して堤防を決壊し、田畑を流し、人家にまで浸水した。中でも洪水の激しかったのは広見川であり、松丸、吉野、蕨生の平地帯は、人家のほとんどが床上浸水の被害を受け、大門橋や天神橋、祝井の鉄橋等も流失し、護岸の破壊は数知れなかった。この暴風雨の災害は戦争直後の食糧難の時代のことであり、農作物に与えた被害は甚大で、農民自身が食料に困り、闇米の価格は一躍はね上がった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須田武男編「松野町誌」(松野町、1974年)、62頁及び65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 堤防決壊 広見川 毛利氏歴要紀略
NO.
愛媛6226

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日~18日に襲来した枕崎台風により、河川は氾濫して堤防を決壊し、田畑を流し、人家にまで浸水した。中でも洪水の激しかったの... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日14時35分頃、枕崎台風が枕崎付近に上陸し、北東進して広島付近を経て山陰沖に抜けた。徳島県下では雨量はそれ程ではなかっ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、清水では風速25mの暴風雨となったが、日雨量は62ミリと少量であった。西日本の被害は死者2,473人... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が来襲し、雨量はそれほどでもなかったが、風が強く長時間にわたったため被害が増加したものと見られる。この暴風雨... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風。徳島県では17日昼過ぎから南東の暴風が激しく、午後9時過ぎには風速29.3mを記録し、その後日本海に出た。... 続きを読む