天明3年の大雨

災害年月日
1783年00月00日
市町村
愛媛県松野町
災害種類
風水害  
概要
天明3年(1783)、大雨、大洪水により、五穀が実らず大飢饉となった。この飢饉時でも、目黒村では年貢の免除や延期は行われず、藩から銀七貫五百目を借入れ、年貢米豆を買い入れ上納したという。(「明治村誌」、「毛利氏歴要紀略」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松野町誌編集委員会編「松野町誌 改訂版」(松野町、2005年)、57頁及び60頁及び946頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 天明の飢饉 毛利氏歴要紀略
NO.
愛媛6254

よく似た災害

天明3年の大雨

天明3年(1783)、大雨、大洪水により、五穀が実らず大飢饉となった。この飢饉時でも、目黒村では年貢の免除や延期は行われず、藩から銀七貫五百目を借入れ... 続きを読む

天明8年の大雨

天明8年(1788)、大雨(全国的大飢饉)。 続きを読む

承応3年の干ばつ・洪水

承応3年(1654)夏は大旱、秋は大洪水のため五穀実らず、餓民が多く出た。高松藩では米穀を施して救った。農耕の牛馬が多く餓死したので、藩から金を借りて... 続きを読む

寛文2年の大火

寛文2年(1662)、壬生川村で大火があり、多くの住家を焼失した。この時、庄屋の住宅及び村の年貢米倉庫も全焼した。 続きを読む

承応3年の干ばつ・洪水

承応3年(1654)夏、大干。秋、大洪水。五穀実らず飢饉、冬から翌夏まで施米賑恤、牛馬餓死数千頭、藩金60貫貸与。毎3、4戸牛1頭飼わす。貢米減少ごと... 続きを読む