昭和6年の暴風

災害年月日
1931年10月13日
市町村
愛媛県愛南町(内海村)
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)10月13日、大暴風により、コーデ碆で大敷網乗組員3人死亡。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海村史編纂委員会編「新訂 内海村史」(内海村、2004年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 死者
NO.
愛媛6658

よく似た災害

明治8年の高波

明治8年(1874)旧暦4月1日、天候の急変による激浪のため、18人乗組みの鰹釣り漁船が遭難し、乗組員全員が死亡した。 続きを読む

貞享4年の暴風

貞享4年(1687)9月9日、東予地方で大暴風。 続きを読む

弘化4年の暴風

弘化4年(1847)7月14日、大暴風により高屋浜大被害、塩浜台584全壊。 続きを読む

弘化4年の暴風

弘化4年(1847)、大暴風により家屋倒壊。(「田野村誌」等による) 続きを読む

享保14年8月の暴風・高潮

享保14年(1729)8月19日、暴風と高潮。水田流失2,531町、堤防決潰2,005間・106箇所、米損害27,603石、壊れた家746戸、死亡2名... 続きを読む