明治18年の豪雨

災害年月日
1885年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)、豪雨のため僧都川が氾濫し、城辺村中組から西の一帯が浸水した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 僧都川 洪水
NO.
愛媛6675

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月12日、暴風雨のため飯尾川が出水し、水田30余町歩が浸水した。29日、再度の暴雨の襲来で、45町歩余が浸水した。 続きを読む

昭和40年の豪雨

昭和40年(1965)9月14日~15日、台風24号・25号の接近に伴う前線活動による豪雨のため、野市町付近で雨量330ミリを記録した。香宗川では中ノ... 続きを読む

明治34年の豪雨

明治34年(1901)6月から7月にかけて、豪雨のため各地で水害が発生した。 続きを読む