明治19年の台風

災害年月日
1886年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)秋、暴風雨のため、人家が破壊され、農作物に被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛6676

よく似た災害

明治25年の台風

明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。 続きを読む

明治24年8月の洪水

明治24年(1871)8月16日、暴風雨の来襲により、吉野川の水量は翌17日には平水より約1丈2尺余の出水となった。倒壊家屋10戸、大豆200町歩など... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月19日、暴風雨により倒壊家屋13戸のほか、道路堤の破壊、農作物の損傷も甚大であった。 続きを読む

昭和10年6月の台風

昭和10年(1935)6月29日、暴風雨により、西村の農作物に被害。 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日、暴風雨により、西村の農作物に被害。 続きを読む