明治42年の台風

災害年月日
1909年08月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最大の人的被害が出た。この時、猿鳴の漁民1人が死亡し、中浦の漁民3人が漂流中に救助されたという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 漁船遭難 死者
NO.
愛媛6677

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風により、宇和海方面で特に被害甚大。南予の漁民が操業中に死者11人、重傷12人の被害が出た。 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日6時、台風が宮崎の北方に上陸した。前日快晴の天気に恵まれて多くの漁船が出漁したが、台風による天気急変で多くの漁民が遭難し... 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)、大地震が発生した。京畿、四国、九州の被害が甚大であり、伏見城では573人が死亡、境の町では600人が死亡したと伝えられている。壬... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号が高知県に上陸し、東予地方を直撃した。新居浜市では土砂崩れのため4人が死亡、四国中央市では家屋に流れ込んだ... 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日、台風により、宇和海方面で特に被害甚大。南予の漁民操業中、死者11人、重傷12人。(「愛媛県史」による) 続きを読む