明治18年の台風

災害年月日
1885年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町が浸水した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
城辺町誌編集委員会編「城辺町誌」(城辺町、1966年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 僧都川
NO.
愛媛6697

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)秋、暴風雨により、開花期の稲作が全滅に近い被害を受けた。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)10月8日、台風による大洪水、西からの風で稲全滅に近い被害(9.74m増水)。 続きを読む

平成元年5月の降雹

平成元年(1989)5月26日早朝、県南部で雹が降った。阿南市の新野・福井・椿地区及び日和佐町では直径1~2cmほどの大きさの雹が降り、ビニールハウス... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、台風により、海岸の田畑が浸水し、1,500円の作物被害を受けた。 続きを読む