寛文6年の洪水

災害年月日
1666年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)夏、大洪水で、田畑の損害甚大。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛6705

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)夏、洪水により、田畑の損害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、前代未聞の大洪水で、民家・田畑の破壊、流失が多く出た。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月、洪水により死傷者151人、田畑の損耗81,300余石。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)8月4日、10日、15日、三度の集中豪雨のため、仁淀川は大洪水となった。土佐七郡損毛、流家損船死人多、被害は土地56,600石、風... 続きを読む

寛文6年の風雨

寛文6年(1666)7月、風雨、洪水により、七郡損毛流失夥しく、田畑の損害81,300余石、死傷者151人に及んだ。百姓年貢を4分6と定めた。 続きを読む