明治29年の台風

災害年月日
1896年08月00日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月、暴風雨により大洪水となる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
愛媛6725

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月9日、暴風雨により大洪水となり、農作物や田畑に被害。 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月、大暴風雨により奈半利川が大洪水となり、堤防が切れた。 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月8日、暴風雨により、午前2時頃長岸村2箇所破堤、午前4時平水より6尺以上の増水、近年稀なる大洪水となる。9日、長岸破堤箇所の... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月9日、県下大暴風雨により大洪水。片岡侍従が被害状況視察。 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月9日、暴風雨により、吉野川、鮎喰川が氾濫し、大洪水となる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「... 続きを読む