大正2年の洪水

災害年月日
1913年07月19日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  
概要
大正2年(1913)、前代未聞の大洪水により、田畑の流失135町歩、家屋の流失・埋没27戸。 「一本松小学校沿革史」には以下のように記されている。「大正2年7月19日、未曾有の大洪水に遭遇し、人身恐慌ために教育の発展を阻害すること甚だしかりしは遺憾とする処なり。」
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、63頁及び596-597頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 一本松小学校沿革史
NO.
愛媛6726

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日から降り始めた雨は、15日午後2時には豪雨となり、5時頃から雷鳴を伴い大雨となって、至る所で山崩れが起こり、9時頃には松... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水により、木材流失他被害甚大。(那賀川洪水・災害年表による) 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)、大洪水により、小見橋流失。(新聞記事による) 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)7月29日、大洪水により、田畑の流失68町歩、死者1人。 当時小学校3年生の洪水体験記が「加州幸吉手記」に残されている。大正2年の... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、洪水により徳島平野全域が大洪水に見舞われた。 続きを読む