昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月24日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、大洪水により、田畑の被害大であった。城辺町では僧都川の堤防決壊により被害大で、一本松町からも復旧の救援に向かう。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、63-64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 僧都川決壊
NO.
愛媛6730

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水では、石手川の堤防決壊により「石手村ほか4箇所で浸水、溺死者十数人、重信川上村で堤防決壊、温泉郡内の被害甚大であ... 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)9月11日、暴風雨により、横河原・田窪の堤防決壊8箇所。石手川堤防決壊により死者10人、石手村ほか4ヶ村浸水。川上村で重信川堤防... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日の台風17号により、高松川の堤防決壊、関屋川と田滝川の合流点の堤防決壊、家屋の崩壊、鞍瀬などの山の崩壊、農地・土... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、大洪水により、常通寺島野藤ノ宮で堤防が決壊、続いて岩瀬川の堤防が決壊し、国分川の濁流は岩瀬川から江村を襲い、一本セン... 続きを読む

明治21年7月31日の洪水

明治21年(1888)7月31日、西覚円村、西条村、瀬部村などの堤防決壊により、吉野川改修工事中止の因となった。 続きを読む