昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風の上陸により、稲作は半減収となり、食糧不足は深刻となる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風
NO.
愛媛6731

よく似た災害

昭和21年の長雨

昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により方上の合ノ町で森谷の堤防が決壊した。風害により稲は半分くらい白穂になり、大凶作となった。 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日~9月19日、干ばつのため、島嶼部では深刻な水不足となり、甘藷不作。 続きを読む

天保8年の長雨

天保8年(1837)4月、長雨で農作物害が出て、飢饉は深刻となった。 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)陰暦の7月3日、4日頃、台風による洪水のため、稲作は3~4割の減収となった。 続きを読む