弘化3年7月9日の風雨

災害年月日
1846年08月30日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日4ツ頃より9ツまで、大風雨、大洪水。船越瀬の浜で舟、網舟20艘程が被害を受け、中泊でも少しの被害が出た。宮の山などの大木が倒れる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、468頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 船越 中泊
NO.
愛媛6758

よく似た災害

明和9年の風雨

明和9年(1772)8月20日、大雨で、夜になって大風が吹き荒れ、各地で家屋の破損・倒壊、人畜の死傷、樹木の倒壊などの災害が起こった。世に「明和九(め... 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日及び18日、大風雨により、樹木が倒れ、松山藩の侍邸・民屋が破損し、死者男女14人。 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日暁より風が起こり、昼に激しくなって、家が倒れ、船が壊れ、木が折れること多かった。世に午年の大風という。(「伊予風水害史」に... 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日暁より風が起こり、昼に激しくなって、家が倒れ、船が壊れ、木が折れること多かった。世に午年の大風という。(「伊予風水害史」に... 続きを読む

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日八つ時(2時頃)より大時化、大浪。大木が倒れ、浦々は大浪で大損害。須崎浜では家屋が大破損。家屋30軒余倒れる。氏宮の木は... 続きを読む