弘化3年7月19日の風雨

災害年月日
1846年09月09日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月19日夜明けより、大風雨、洪水により、御城下の田地大損。御領中の貧民のため、救御用金を仰せつかり、二貫目を差し上げる。(「辰巳屋永代記録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、468頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 辰巳屋永代記録
NO.
愛媛6759

よく似た災害

文政4年の洪水

文政4年(1821)8月朔日、洪水により、内泊後の山中泊道上に従い崩れ落つ。(「辰巳屋永代記」による) 続きを読む

享保2年の洪水

享保2年(1717)5月、大雨のため、洪水により島内各村の川がほとんど決壊した。各村では川成を仰せつけられて復旧した。 続きを読む

弘化4年7月13日の風雨

弘化4年(1847)7月13日、風雨激しい。(「池川年代記」による) 続きを読む

弘化3年7月の風雨

弘化3年(1846)7月1日より3日間、風雨。7月9日、暴風雨。この年、数回の暴風雨により被害甚大。(「高知県歴史年表」、「渡川史」、「高知県災害異誌... 続きを読む

弘化4年の風雨

弘化4年(1847)7月13日、風雨激しい。7月22日、潮江川洪水。(「池川年代記」、「高知県歴史年表」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む