明治42年の暴風

災害年月日
1909年08月00日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月、暴風により、高知県沿岸に出漁していた西・南宇和郡の漁船が転覆し、死者・行方不明53人となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、472頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 漁船転覆 死者
NO.
愛媛6763

よく似た災害

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む

昭和37年4月の強風

昭和37年(1962)4月7日昼過ぎ、直島沖で荷崩れと突風のため、貨物船が転覆し、行方不明4人となった。(四国新聞による)/高松の最大風速は東南東10... 続きを読む

昭和27年2月の強風

昭和27年(1952)2月6日正午頃、強風のため、小豆島南方海上で運搬船が転覆し、3人が行方不明となった。(四国新聞による) 続きを読む

昭和28年4月4日の強風

昭和28年(1953)4月4日15時頃、突風のため、小豆郡四海村沖及び小豆郡直島付近で漁船が転覆し、1人が行方不明となった。(四国新聞による)/高松の... 続きを読む