天正元年の洪水

災害年月日
1573年10月12日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
天正元年(1573)9月17日、洪水があり、柳森神社は籠田郷の旧社地が崩壊して二神の像が漂流して、今の社地の柳木の上に懸かった。(「伊予温故録(柳森神社社記)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、7頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 柳森神社 伊予温故録 柳森神社社記
NO.
愛媛6773

よく似た災害

天文10年の洪水

天文10年(1541)、洪水があり、その時神殿より鏑矢が飛び出て西方の山上に止まった。村民はこれを見て西山に逃げた。果たして川は3箇所崩壊して、家屋、... 続きを読む

天文2年の地震

image

天文2年(1533)、地震と高潮により、新居郡洲之内村字矢倉下にあった橘神宮神社が潰没し、同年今の地に遷宮した。(「伊予温故録(橘新宮神社記」による)... 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、震災のため、周桑郡北条村(現壬生川町)にあった鶴岡八幡神社の社殿が悉く陥没した。(「伊予温故録(鶴岡八幡神社記録)」による)... 続きを読む

応永23年の干ばつ

応永23年(1416)夏、大旱す。忠重なるもの神夢により龍王神社がある龍王ヶ峯に登り、3日3夜石上に立ち雨乞いす。効験あり。(「伊予温故録(龍王神社明... 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、地震のため、周桑郡北条村字五反地にあった鶴岡八幡神社の社殿が悉く陥没した。このため、村人は今の地(壬生川町)に再建した。(「... 続きを読む