元禄2年5月20日の風雨

災害年月日
1689年07月06日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口の石垣が崩れた。(「伊予風水害小史(力石本家譜)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、18頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 伊予風水害小史 力石本家譜
NO.
愛媛6796

よく似た災害

元禄2年5月の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口石垣が崩る。(「力石本家譜」による) 続きを読む

元禄2年5月の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋ノ口石垣が崩れた。(「力石本家譜」による) 続きを読む

宝永5年の洪水

宝永5年(1708)5月6日、暴風雨が所々堤防が破る。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による)/5月、洪水により、出水23尺、大洲市中の浸水は床上2尺... 続きを読む

正徳3年の洪水

正徳3年(1713)8月、洪水、19尺5寸増水。(「伊予風水害小史(力石本家譜)」による) (註)起日が不明、伊予について他に史料なし。あるいは翌年の... 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月22日御届、風雨による損毛14,083石2斗余、その後不熟50,4862斗余、都合64,569石4斗余。(「松山叢談(本藩譜)... 続きを読む