天保7年7月8日の洪水

災害年月日
1836年08月19日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)、梅雨より降り続き、7月8日、大雨、水層22尺。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、51頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 梅雨 大雨 伊予風水害小史 大洲藩譜
NO.
愛媛6924

よく似た災害

天保7年7月14日の洪水

天保7年(1836)8月4日、風雨、水層22尺。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)/7月、8月、霖雨、損毛2万4千石。(「伊予風水害小史(今治拾... 続きを読む

天保6年7月の洪水

天保6年(1835)7月6日、溢水、水層19尺。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による) 続きを読む

天保7年7月の洪水

天保7年(1836)、梅雨より降り続き、7月8日、大雨、水層22尺。(「大洲藩譜」による) 続きを読む

天保9年の洪水

天保9年(1838)、種秋の時より霖雨止まず、損毛1万6千石に至る。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による)/土用中害虫生じ、かつ大雨あり、水層27尺... 続きを読む

天保2年5月の洪水

天保2年(1831)5月20日、肱川で出水、大洲で水位28尺。(「大洲警察署記録」による)/5月20日、24日、29日及び6月3日、風雨、水層28尺6... 続きを読む