嘉永2年7月の風雨

災害年月日
1849年08月28日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月11日、風雨。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)/7月9日より11日に至る大風雨により非常の損害があったため、藩主は風損元備として5年間に米1,500俵と久万町紙場所徳用(利益)のうち3ヵ年分銭札19貫694匁3分5厘を恵与された。(「愛媛県誌稿」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、53頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 伊予風水害小史 大洲藩譜 風損元備 愛媛県誌稿
NO.
愛媛6933

よく似た災害

文化12年の水論

文化12年(1815)、浮穴郡久万町村と入野村で水論。(「久万町誌」、「伊豫史談」80号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

文政3年の火災

文政3年(1820)3月、久万町村で出火、150戸類焼。その他高札場、久万町村・野尻村両村の諸帳面、旧記録残らず焼失。(「増田家記」による) 続きを読む

文政3年の火災

文政3年(1820)3月、久万町村で出火、150戸類焼。その他高札場、久万町村・野尻村両村の諸帳面、旧記録残らず焼失。(「増田家記」による) 続きを読む

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日大風雨、夜に入り尚やまず出水。10日5ツ時(8時頃)より大風雨となり、北東の風強く、樹木を吹き倒せり。11日も北東の風にて... 続きを読む

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)7月9日より11日、久万地方で大暴風雨となった。倒壊家屋100余戸、田畑床流8町歩、道路橋梁破損数知れず。その時、松山藩は5ヶ年に... 続きを読む