寛保3年8月の台風

災害年月日
1743年09月30日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
寛保3年(1743)8月13日、大風あり、被害多し。(「東宇和郡沿革史」による)/8月、風雨、損害1万5千余石。(「今治拾遺」による)/洪水数回、東予殊に被害多く、加茂川堤防決潰惨状を極む。(「新居郡誌」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、29頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 東宇和郡沿革史 今治拾遺 加茂川堤防決潰 新居郡誌
NO.
愛媛7015

よく似た災害

寛保3年の風水害

寛保3年(1743)8月13日、大風あり、被害多し。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による)/8月、風雨、損害1万5千余石。(伊予風水害小史(今治... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)8月28日、洪水、加茂川汎溢死者51人、別子銅山崩壊、死者1,000余人、国領川決潰、死者100余人、聖上侍従差遣金1,600円... 続きを読む

寛保3年の洪水

寛保3年(1743)、数回の洪水により東予地方の被害甚だし。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

天保4年の風雨

天保4年(1833)、洪水、加茂川堤塘決壊す。(「新居郡誌」による) 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日、洪水。加茂川決壊、死者16人、稲作被害多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む