延享元年8月の風雨

災害年月日
1744年09月13日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
延享元年(1744)8月7日、風雨、損毛26,000余石。(「松山叢談」による)/8月10日、大風雨、水層22尺上る。(「加藤家譜」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、29頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 松山叢談 加藤家譜
NO.
愛媛7017

よく似た災害

延享元年の風雨

延享元年(1774)7月10日、大風雨、洪水。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による)/8月7日、松山領で風雨により、損毛高26,500石余。(「松山... 続きを読む

延享元年の風雨

延享元年(1744)8月10日、大風雨、水層2丈2尺。(「加藤家譜」による)/大洲の水位2丈2尺。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

延享元年の風雨

延享元年(1744)8月10日、大風雨、水層22尺に上る。(「伊予風水害小史」による) 続きを読む

延享元年の風雨

延享元年(1744)8月10日、風雨。(「加藤家年譜」による) 続きを読む

延享元年の洪水

延享元年(1744)8月10日、出水により、大洲の観測地点で2丈2尺。(「加藤家譜」による) 続きを読む