天保9年の大雨

災害年月日
1838年00月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
天保9年(1838)、土用中害虫生じ、かつ大雨あり、水層27尺。(「大洲藩譜」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、34頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
大雨 大洲藩譜
NO.
愛媛7085

よく似た災害

天保9年の洪水

天保9年(1838)、種秋の時より霖雨止まず、損毛1万6千石に至る。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による)/土用中害虫生じ、かつ大雨あり、水層27尺... 続きを読む

天保9年の洪水

天保9年(1838)7月21日、強風、水層2丈7尺3寸。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈6尺9寸。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

天保2年の洪水

天保2年(1831)5月20日、24日、29日、風雨、水層2丈8尺6寸。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈8尺。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

天保3年の洪水

天保3年(1832)6月3日、9日、強雨、水層2丈6尺6寸。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈6尺5寸。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

天保6年5月21日の洪水

天保6年(1835)5月21日、風雨、水層2丈2尺。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む