嘉永3年9月の洪水

災害年月日
1850年10月00日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
嘉永3年(1850)9月、風雨、加茂川、国領川等溢水。(「新居郡誌」による)/夏以来霖雨、9月大風雨、損毛1万6千石許。(「今治拾遺」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、35頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 加茂川 国領川 新居郡誌 今治拾遺
NO.
愛媛7093

よく似た災害

嘉永3年9月の洪水

嘉永3年(1850)9月、洪水により、加茂川、国領川の沿岸損害少なからず。(「新居郡誌」による)/夏以来淫雨、9月大風雨、損毛1万6千石。(「伊予風水... 続きを読む

享保14年9月の洪水

享保14年(1729)9月10日、風雨烈し、損毛4万5千石、吉田領殊に甚だし。(「伊達氏事記」による)/9月11日、14日、風雨洪水、21尺増水。(「... 続きを読む

文政9年5月の洪水

文政9年(1826)5月20日~21日及び6月6日、大風雨、破船50隻、倒屋157軒、死人23人。(「今治拾遺」による)/5月21日、洪水、水層33尺... 続きを読む

天保9年の長雨

天保9年(1838)、挿秧の時より霖雨止まず、損毛1万6千石に至る。(「今治拾遺」による) 続きを読む

嘉永3年の風水害

嘉永3年(1850)10月、風水害により凶作。食物の貯蔵を支持。(「国府叢書」による)/ 損毛16,258石余。(「今治拾遺」による) 続きを読む