安政元年の地震

災害年月日
1854年12月00日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月、地大に震う。これを寅年の地震と称し、午年の大風と併称して二大災害という。(「見聞録」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、35頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 見聞録
NO.
愛媛7096

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日夕七ツ半時より地大に震う。家屋が倒壊し、多くの人は竹林中に避難す。暮六ツ時に至りて、津波が襲来して家屋を浸潤する処あり。... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震と大津波があった。津波は川伝いに小山の上手、浪切不動の辺りまで寄せたという。当時を知る人が残した話では、中里・木... 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月9日、大暴風雨により、家屋、田畑、舟の被害多し。午年の大風という。(「伊予風水害史」による) 続きを読む