明治17年の台風

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月、暴風雨、海嘯あり。温泉郡大可賀新田潰決、溺死53人を出す。三津港堤崩潰、その他被害計られず。(「愛媛県誌」による)/8月25日、暴風雨、家屋樹木の損傷無算、高津村のみにて30数軒倒れ、新居浜の本願寺出張所潰る。(「新居郡誌」による)/夏季ウンカ発生、稲禾を害す。8月、暴風、被害夥し。(「宇和島御記録」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、36頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 溺死 三津港崩壊 愛媛県誌 新居郡誌
NO.
愛媛7109

よく似た災害

嘉永元年8月の洪水

嘉永元年(1848)8月8日、暴風により、高津村沢津沖の二重堤120間大破。(「新居郡誌」による) 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日22時、台風は宮崎付近に上陸し、そのまま北に進んで日本海に出た。県下全般に暴風雨に見舞われた。(「愛媛県史概説」による)... 続きを読む

延宝8年の洪水

延宝8年(1680)秋、大洪水、当村の奥之坊池、室生の新池、二面の本谷池、古池、入部の塩浜の堤決壊。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により、新居浜で最大風速22.8m、海上は大しけでかなりの災害を受けた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、大地震のため、木浦村の浜の常夜灯が倒れた。 続きを読む