明治23年の風雨

災害年月日
1890年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)、稲田に病虫併発、加之風雨甚だしくして凶年、神拝村新田決潰す。(「新居郡誌」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 神拝村 新居郡誌
NO.
愛媛7113

よく似た災害

明治2年の長雨

明治2年(1868)、雨多くして五穀稔らず。(「新居郡誌」による) 続きを読む

明治21年の長雨

明治21年(1888)、久しく雨止まず、凶年。(「新居郡誌」による) 続きを読む

嘉永6年の干ばつ・風雨

嘉永6年(1853)5月18日より8月2日まで、干ばつ。8月3日、大風雨、田畑等を損害し凶年なり。(「新居郡誌」による)/7月9日、宇和馬場にて千人踊... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)8月28日、洪水、加茂川汎溢死者51人、別子銅山崩壊、死者1,000余人、国領川決潰、死者100余人、聖上侍従差遣金1,600円... 続きを読む

寛政11年の風雨

寛政11年(1799)8月、大風雨。(「新居郡誌」等による) 続きを読む