明治38年の風水害

災害年月日
1905年07月00日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)7月、風水害夥し、宇摩・新居・越智の3郡殊に甚だし、9月臨時県会を開き、復旧工費38万余円を可決す。(「愛媛県誌」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風水害 愛媛県誌
NO.
愛媛7117

よく似た災害

明治26年の風水害

明治26年(1893)10月、風水害あり、東予殊に甚だし、聖上片岡侍従差遣、救恤金千円を賜う。(「愛媛県誌」による)/立岩川堤防決潰被害。(「見聞録」... 続きを読む

明治40年の風水害

明治40年(1907)、県下各地で風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治41年の風水害

明治41年(1908)8月、県下全体非常、風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治41年の風水害

明治41年(1908)、県下全体に非常な風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治41年の風水害

明治41年(1908)、県下全体に非常な風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む