元禄6年の風雨

災害年月日
1693年07月23日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山では蔵13箇所、坑夫小屋200余軒が吹き潰されるという被害を受けた。
Googleマップ
参考画像
参考文献
伊藤義一「初期の別子銅山覚え書」(伊藤義一編「伊豫史談 第203・204合併号」伊豫史談会、1972年)、15頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨 別子銅山
NO.
愛媛7132

よく似た災害

元禄6年の風雨

元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山で蔵13箇所、鉱夫小屋200余軒が倒壊した。 続きを読む

元禄16年の地震

元禄16年(1703)、四海大地震7日7夜続く。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、北上したため、高知市は高潮のため久万川が決壊氾濫して大水害を受けた。国道32号は3箇... 続きを読む

享保15年の台風

享保15年(1730)7月24日夜、大風雨により、室津浦の御米蔵1軒及び民家60軒が潰された。また、東寺塔堂の二重以上が吹き落ち、伽藍が大きく破損した... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月、台風9号により、渡川の出水は13,380立米/秒となり、数箇所で破堤が生じ、中村市はわずかに旧市街地だけが浸水をまぬがれる... 続きを読む