昭和18年の洪水

災害年月日
1943年02月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)2月、重信川は未曾有の大水害を受けた。堤防の決壊箇所の応急処置は、中学生等の勤労奉仕作業によったが、戦後に建設省は重信川工事事務所を設置して重信川の大改修を行うことになった。
Googleマップ
参考文献
池内長良「重信川の流路変遷と問題点」(伊藤義一編「伊豫史談 第216号」伊豫史談会、1975年)、33-34頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 重信川 堤防決壊 勤労奉仕 重信川工事事務所
NO.
愛媛7136

よく似た災害

昭和42年の洪水

昭和42年(1967)7月10日、前線により、那賀川で洪水。流域平均2日雨量(古庄上流)299ミリ、ピーク流量(古庄地点)4,273立米/秒。(建設省... 続きを読む

昭和36年10月の洪水

昭和36年(1961)10月26日、前線により、那賀川で洪水。流域平均2日雨量(古庄上流)386ミリ、ピーク流量(古庄地点)5,877立米/秒。(建設... 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)8月1日、低気圧により、那賀川で洪水。流域平均2日雨量(古庄上流)316ミリ、ピーク流量(古庄地点)5,140立米/秒。(建設省... 続きを読む

天明3年の洪水

天明3年(1783)8月11日、洪水により、伊予郡高柳村の重信川の土手が百間余潰れた。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

昭和43年の台風4号

昭和43年(1968)7月29日、台風4号により、那賀川で洪水。流域平均2日雨量(古庄上流)397ミリ、ピーク流量(古庄地点)立4,942米/秒。(建... 続きを読む