元禄17年の水論

災害年月日
1704年00月00日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
渇水  
概要
元禄17年(1704)、宇和川の名本井手をめぐり、大江村と真土村で水論が起こった。大江村は名本井手に水門をつけて井手水を取水できるようにすることを要求し、真土村はそれに難色を示したが、結局認めることで両村間の話がまとまった。
Googleマップ
参考文献
近藤孝純「南予地方の一農村の成立事情と水論について」(高須賀康生編「伊豫史談 第282号」伊豫史談会、1986年)、24-25頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
水論 宇和川 名本井手 大江村 真土村
NO.
愛媛7137

よく似た災害

享保9年の水論

享保9年(1724)6月、宇和川の名本井手をめぐり、大江村と真土村で水論が起こった。 続きを読む

文政4年の水論

文政4年(1821)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

天保5年の水論

天保5年(1834)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

慶応3年の水論

慶応3年(1867)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

宝永元年の水論

宝永元年(1704)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む