天保12年の地震

災害年月日
1841年11月03日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
天保12年(1841)9月20日、宇和島地震(M6)により、宇和島城の損壊が記録されているが、大洲城については被害の記録がない。しかし、二年後の天保14年(1843)、荢綿櫓が再建されているのは、恐らくこの時の被害によるものではないかと思われる。(「大洲市史」、「愛媛県気象史料」等による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
村上光「江戸時代における大洲地方の自然災害補遺」(高須賀康生編「伊豫史談 第302号」伊豫史談会、1996年)、25-26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宇和島地震 宇和島城 大洲城 大洲市史 愛媛県気象史料
NO.
愛媛7142

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、地震が発生し、津波被害は宇和島、吉田など豊後水道側で大きかったことが調べられているが、松山、今治、新居浜、西条などでは浸水記録は... 続きを読む

天平6年の地震

天平6年(734)4月、大地震。阿波志は「家がこわれて圧死する者多く、山はくずれて川をふさぎ、地の裂けるもの数えきれない」と伝えている。 続きを読む

明応4年の地震

明応4年(1495)8月15日、大地震ありて、被害多し。(「新居郡誌」による) (註)この日の地震については大日本地震史料に記載されているが、伊予に関... 続きを読む

天保12年の地震

天保12年(1841)9月20日、宇和島を震源とするM6.0の地震により、宇和島城の塀・壁などに損あり。 続きを読む

明応3年の地震

明応3年(1494)5月7日、大地震ありて、損害多し。(「新居郡誌」による) (註)この日の地震については大日本地震史料に記載されているが、伊予に関す... 続きを読む