昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月、集中豪雨により、肱川は洪水となった。写真1枚。
Googleマップ
参考文献
四国の治水問題研究会編「四国の水害」(四国建設弘済会、1981年)、69頁
情報源の種類
写真集
キーワード
集中豪雨 肱川 写真
NO.
愛媛7290

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月、高知県西南部を中心とした集中豪雨により、渡川では明治40年以来の大洪水となり、中村町全域が浸水した。写真2枚。 続きを読む

昭和13年の7月の洪水

昭和13年(1938)7月28日から8月2日にかけて、大雨により、雨量は大野見で800ミリ、長者で600ミリとなり、仁淀川は洪水となった。(「高知県災... 続きを読む

昭和36年の洪水

昭和36年(1961)10月26日、集中豪雨により、飯尾川、渡内川は大洪水。(「石井町政だより」による) 続きを読む

昭和33年の洪水

昭和33年(1958)10月18日、低気圧による大雨のため、四万十川は洪水となった。(「十和村史」による) 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により、吉野川は洪水となった。舞中島の洪水痕跡に関する写真が2枚掲載されている。 続きを読む